日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

結婚式二次会の会費も祝儀袋に入れるべき?

結婚式でのご祝儀についてのマナーはご存知の方も多いと思います。では、二次会の会費についてもマナーはあるのでしょうか?そもそもご祝儀袋は使うべきなのでしょうか?
二次会の会費についてのマナーを勉強しましょう。

ご祝儀袋は不要

二次会の会費を受付や幹事に渡す際、ご祝儀袋に入れる必要はありません。二次会はほとんどの場合が会費制で行われています。ご祝儀袋は元々お祝いの気持ちを表したご祝儀を入れるためのもです。ですので、二次会の会費をご祝儀袋に入れるのはそもそも間違いなのです。
会費制の二次会でご祝儀袋を使うと、お祝いの気持ちを会費とは別に包んでくれたのかと誤解されかねませんのでご注意を。

どうやって渡すべき?

では会費の渡し方ですが、受付などで直接お財布からお金を取り出し、そのまま渡すのがベストです。
なんだかそのままお札を出すのはちょっと…と、思う方もいらっしゃるかもしれませんが、それが一番のマナーなのです。
どうしても気が引けるという方は白い無地の封筒を用いても構いませんが、その際もご祝儀と勘違いされることを避けるため、会費だという旨を伝えるようにしましょう。

新札でなくて構いません

ちなみに結婚式のご祝儀には、折り目のついていない新札を用いますが、二次会の会費には診察を用意する必要はありません。気をつけたいのは受付や幹事が受け取りやすいよう、お釣りがないように用意するということでしょう。何人ものゲストが二次会にやってきますので、少しでも受付をスムーズに終わらせることがスマートです。

いかがでしたか?二次会にもきちんとご祝儀袋を用意することがマナーのようにも思えますが、実際はそうではありません。お気をつけくださいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます