日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

歓迎会の挨拶 〜幹事編〜

歓迎会で幹事として挨拶をする場合、会を盛り上げるためにはどのような挨拶をすれば良いのでしょうか?
順を追って解説してみました。

はじめの挨拶

スタートが、肝心です。お酒が入らないうちに挨拶をします。
1,自己紹介
 「皆様、本日はお忙しい中お集まり頂き、ありがとうございます。本日、幹事を務めさせて頂きます○○課の○○です。どうぞ、よろしくお願い致します。」
2,趣旨を発表 
「本日は、この4月から8名の新入社員が入社するとのことで、歓迎会を行います。」
3,会の内容発表 
「新入社員の皆さんには、後ほど自己紹介タイムがありますので、よろしくお願いいたします。先輩方からは、後ほど一発芸が出される予定となっていますのでお楽しみに。」
4,料理の説明 
「今日は、全7品春の新入生歓迎コース、120分の飲み放題となっています。皆さん、食べて飲んで楽しんでください。(新入社員が孤立しないように配慮して)新入社員は馴染みが薄いでしょうから、周りの方は新入社員に積極的に話しかけてくださいね。」
5,乾杯 
「それでは、ご挨拶のお言葉と乾杯の音頭を○○部長にお願いしたいと思います。よろしくお願い致します。」(乾杯の挨拶は、会の前にお願いしておきます。出席する中で最も地位の高い人が適任です。)

中盤の挨拶

お酒が入っていますので、テンション高く入ります。

「皆さ~ん!飲んでいますかー!お待たせしました、ピッカピカの新入社員の自己紹介タイムです。さあ、元気よくいきましょう!」「それでは、本日のお楽しみ一発芸大会を始めます。皆さん温かい目で見守ってあげてください。新入社員の方には来年やってもらいます!よく先輩の熱演を見ておいてくださいね!」

終わり方

終了時間の10分くらい前に「終わりの挨拶」をします。

「皆様、本日はお忙しい中お集まり頂きまして、大変ありがとうございました。新入社員の皆さんには当社の良い雰囲気が伝わりましたでしょうか。最後に、一本締めで締めたいと思います。」
「本日は皆さんありがとうございました。」

なお、ニ次会を用意している場合は、その内容を告げます。ぜひ参考にしてみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます