日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

アウトドアイベントでチャレンジしたいキャンプ料理

キャンプの食事といえばバーベキュー!も、いいけれど、たまには他の料理も作ってみたい、ちょっと他の人と違う料理を振舞いたい、という方へ。いつもと一味違うバーベキュー以外のキャンプ料理をご紹介します。

初級編~ホイル焼き~

アルミホイルに具材を包み、火にかけるだけ。他の料理で使用している網や鉄板の片隅に乗せておくだけで美味しい一品の出来上がりです。火力が安定した炭の中へ直接入れる方法もあります。家で包んでおけば、キャンプ場での準備いらずなのもうれしいですね。

【オススメの組み合わせ】
鮭+玉ねぎ+バター+レモン
しめじ・えのきエリンギなどキノコ+ニンニク+塩コショウ+オリーブオイル
鶏肉(そぎ切り)+大葉+梅の果肉

ベテラン編~ダッチオーブンで燻製~

ダッチオーブンを使って燻製を作ってみましょう。基本的な方法はアルミホイルを敷き、その上に燻製チップを置いて網と食材を乗せて燻します。はじめのうちは刺身用サーモンやゆで卵、プロセスチーズなど10分~30分程度でできる食材がおすすめです。要領がつかめてきたら、塩やスパイスでマリネした鶏胸肉でスモークチキン、塩漬けした豚バラでベーコンなどに挑戦しちゃいましょう。

【オススメ食材】
魚介類 サーモン、ホタテ、イカ、タコなど(半生で食べるときはお刺身用を使う。)
肉類 鶏胸肉、ささみ、豚バラ肉、手羽先、レバーや砂肝など内臓系(肉類は基本的に塩漬けやマリネ液(ソミュール液)に漬けてから燻す)
その他 チーズ、ゆで卵、はんぺん、豆腐(しっかり水切り)など

忘れちゃいけないデザート~焼きマシュマロサンド(スモア)~

アメリカなどでキャンプ時によく食べられるそう。簡単だし、なによりみんなでワイワイ言いながら作る時間が楽しいですね。
作り方は
1、長めの金串か竹串の先にマシュマロを差し直火にかざす。
2、あっという間に表面に焦げ目がつくので、串を回しながらマシュマロの表面全体をあぶる。
3、ビスケット(またはクラッカー)ではさんで串を抜く。
いっしょにチョコレートを挟み込むのが本流らしいですよ。

とにかくチャレンジ!

何といっても、自然の中で仲間と食べる食事は最高です。楽しいキャンプを楽しんで下さいね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます