日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

大掃除でガンコな油汚れと戦う

ガンコな油汚れのお掃除はどうされていますか?
日常でついた汚れがたまって、頑固な汚れになってしまうと、なかなか手が出ませんよね。
今回は、油汚れと戦う簡単なお掃除方法をご紹介します。

熱湯と洗剤に付け置きする

台所で頻繁に使用する換気扇の羽根や魚を焼くときに使うグリルには油汚れが残りやすいですよね。
これらの物は解体して取り外して掃除するのがおすすめです。
熱湯に洗剤を入れ、取り外した換気扇の羽根やグリルをその中に浸け込みます。
油汚れが浮いてきたらお湯から取り出し、残った汚れをブラシと洗剤を使って掃除すれば、キレイに油汚れを落とすことが出来ます。

重曹ペーストを油汚れに塗りつける

ガスレンジや換気扇のフードには油汚れが付きやすいですが、簡単に取り外すことができず気付いたら結構ガンコな汚れが残ってしまう場所。
そんなときに役立つのが、重曹ペーストです。
重曹ペーストは重曹に水を加えるだけで簡単に作ることができます。
少しずつ水を加えて良くかき混ぜ、ペースト状になったら完成です。
出来上がった重曹ペーストを油汚れに直接付けて拭き取れば、キレイに油汚れを落とすことができます。

油を使って油汚れを掃除する

目には目を、油には油を。
頑固な油汚れには、油を使って掃除するとキレイに落ちるということを知っていますか?
頑固な油汚れに食用油や灯油を塗りつけると油汚れがなじみ、キレイに取ることができるのです。
油汚れがなかなか取れない時には、ぼろきれに食用油や灯油を付けて拭き取ってみてください。
食用油や灯油を掃除に使う時は、火に十分注意しましょう。
最後に乾拭きする、もしくは洗剤を付けた布で拭き取るなどして油や灯油が残らないようにすることが大切です。

まとめ

面倒な油汚れのお掃除も、これなら簡単にできそうですね。
見て見ぬふりをしないで、ガンコな油汚れにチャレンジしてみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます