日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフ初心者はどんな練習をしたらいい?

初心者がゴルフを始めてまず思うこと、それは「クラブにボールが当たらない」という、ごく当たり前の疑問だろうと思います。そんなシンプルな疑問に、シンプルにお答えしていきたいと思います。

ゴルフクラブにボールが当たらない

野球の経験者などは、動くボールが当たるんだから止まっているボールに当てるのは簡単だろう、とも言ったりもします。しかし現実には野球以上にボール以上に当てるのが難しいのがゴルフというスポーツの第一関門かもしれません。

大切なのは止まっているボールと自分の位置関係

止まっているボールに構えてクラブを振り上げ、またボールのあるところにクラブを戻すための大前提は、「止まっているボールにクラブを当てるためには、自分も動かない」ということになるでしょう。ボールが止まっているのだから、そのボールに対して自分が動いてしまっていたら、ボールと自分の位置関係にズレが生じてしまい、おのずとクラブはボールのところには戻ってこないということになります。

クラブにボールを当てるための練習方法

初心者ゴルファーにとって最大難関ともいえる「クラブにボールを当てるということ」を可能にする練習方法として、「頭を動かさない」「ヘッドアップをしない」などはよく言われることだと思います。しかしこれらの練習方法はあまりにも感覚的過ぎて漠然としていて、誰にも例外なく効果がある方法とは言えないと思います。初心者ゴルファーが必ず通るべき練習方法、それは「アプローチ・ショートアイアンを徹底的に練習し、スウィング作りをしてください」というものです。短いクラブなら飛距離を求めることもありませんし、体幹を意識したスウィング作りに効果的です。

まとめ

飛距離を求めるのはゴルフの醍醐味ですが、飛距離を伸ばすことも正しいスウィングがあってこそです。急がば回れ、という言葉にもある通り、ここはひとつ飛距離の魅力を封印して、正しいスウィング作りにチャレンジされてみてはいかがでしょうか?

https://www.youtube.com/watch?v=H3bIGIzd_6Y

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます