日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ハイキング 関東 で電車で行けるおすすめエリア

小田急線の秦野駅からスタートし、震生湖を通って渋沢駅をゴールとする歩程約2時間半、渋沢丘陵の
お手軽ハイキング・コースをご紹介します。
渋沢丘陵は秦野市の南西に位置し、北から西にかけて丹沢山塊の雄大な景色が広がります。
またコース途中では富士山の雄姿や、箱根の山々、相模湾など様々な眺望を楽しむことができます。
特にお勧めの季節は花が咲き乱れる春と野山が紅葉に彩られる秋です。

秦野駅から震生湖

秦野駅から南西の方向にしばらく宅地を歩いていくと、やがて山里の雰囲気が漂いはじめます。
途中、関東三大稲荷のひとつに数えられる「白笹稲荷神社」には是非立ち寄りたいものです。
ほどなく丘陵へと続く緩やかな登りの道となります。
舗装された道の周りには畑が広がり、振り返れば秦野盆地や丹沢の大きな山々を望むことができます。
丘陵の上まで登るとそこは開放感に溢れていて、富士山や箱根連山を望むこともでき、
春には菜の花畑が広がります。
秦野駅から1時間ほどで震生湖に着きます。
震生湖はその名の通り、関東大震災で沢がせき止められてできた小さな湖で、
釣りのスポットとしても有名です。

震生湖から渋沢駅

震生湖は湖岸に沿って一周する遊歩道がつけられているので、
左右どちらに行っても対岸に行くことができます。
対岸の高台からも好展望が得られ、お弁当を広げるのに絶好の場所です。
道標に従って進んでいくと、次々と草地や畑地、森林が現れ、飽きることがありません。
真栖寺まで来ると集落があり、そこから宅地へ下っていくと道は渋沢駅へと続きます。

高低差が少なく舗装道路も多いので運動靴でも歩け、しかも随所で素晴らしい眺望を
得られるコースですが、コース途中に細い道や生活道などが混在していて分岐がわかりにくい
ポイントがあるので、詳細な地図を持って歩くことをお勧めします。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます