日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

失礼のない社員旅行の服装 〜女性編〜

個人的な旅行であれば、服装なんて迷いませんが、仕事や会社の社員旅行での服装は要注意。
社員旅行で服装自由であったとしても最低限のマナーは必要です。
社員旅行の際に必要な服装マナーについていくつか注意点を挙げていきます。

派手すぎる服装はNG

旅行だからと浮かれて、ド派手な目立つ服装は控えましょう。
旅行先の雰囲気にもよりますが、清潔感や信頼感の得られる服装が無難です。
また女性であれば特に、あまりにも若作りな格好や露出の激しいものも控え、年齢相応の服装にするのが望ましいでしょう。
周りに男性社員に気を遣わせてしまうのはもちろん、女性社員から批難されることもあるでしょう。

シーンに合わせた服装

例えば、外にレジャーをしに行くことが決定しているのに、軽装で旅行に行ったり、高級なお店での食事が決定しているのに、ドレスコードを守らないなど、TPOを守らないのはNGです。
その場その場に合わせた服装を用意していきましょう。
あなたは良くても、周りの上司が恥ずかしい思いをすることになりますので要注意です。

靴下持参は必須

温泉旅行などの場合、裸足になる機会が多いですが、意外と嫌な顔をする方もいらっしゃいます。
裸足で部屋に上がったり、宴会場をうろつくことは辞めましょう。
なるべく持参した靴下を履いて周りに配慮しましょう。

まとめ

結構難しい社員旅行での服装ですが、やりすぎな部分がなければ基本的にはOKです。
気軽な気持ちで参加して、楽しい思い出を作りましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます