日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

イルミネーション なら京都の ローム本社周辺がキレイ

冬の楽しみの一つとして、今やすっかり欠かせないものとなった感のあるイルミネーション。京都でも様々なイルミネーションが公開されますが、皆さん、ローム社のイルミネーションイベントはご存知ですか?

無料で京都市最大規模!

ローム社は、京都市右京区の大手電子部品メーカー。主力製品の一つであるLEDを使い、11月末からクリスマスまでの約一ヶ月間、本社周辺でイルミネーションの実演を行います。このイベント、無料にもかかわらず、京都市最大級の規模のイルミネーションが楽しめるのです。

4年ぶりの再開

2014年に、4年ぶりに再開したロームイルミネーション。佐井通り(通称春日通り)をはじめとして、中堂寺南通りや名倉公園に、約60万個のLEDを使用したイルミネーションが公開されます。
イルミネーションの出発地点、五条通に面した場所に、シンボルとして聳えるのが二本のヤマモモ。ヤマモモの花言葉は、「一途」「ただ一人を愛する」だそうで、ライトアップされたヤマモモのカップルは、何ともロマンチックな光景。
通りの木々や公園も美しいイルミネーションで彩られ、普段と全く違う顔を見せてくれます。
2014年には、体験型のイルミネーションも初めて導入されました。土日祝に行われたこのイベントは、タッチディスプレイをなぞってスクエアLEDビジョンのイラストをリアルタイムに飾り付けられるというもの。
期間中には、『ロームシンフォニックバンド』のミニコンサートもあります。このバンド、何とローム社の音楽好きの社員で結成されたものだそうです。

ロームイルミネーションは、環境に配慮したバイオマス発電の電力を使用しているそうです。京都市最大の規模を誇るこのイベント、是非一度は見ておきたいものですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます