日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

教祖祭PL花火芸術のダイナミックな打ち上げ花火動画

大阪府富田林の教祖祭PL花火芸術は平和を祈るために行われる花火大会です。多くの演出により花々が夜空を照らします。夏の花火大会に、行かれてみてはいかがでしょうか。

見に行こう!教祖祭PL花火芸術会場へのアクセス

教祖祭PL花火芸術が行われるのは、大阪府富田林市です。毎年8月1日に行われています。ただの花火祭りでは無くて、パーフェクト リバティー教団の宗教行事になっています。ただし一般的には花火大会と見られていますが宗教行事であるのは間違いありません。ローンパーク富田林新堂で行われます。近鉄バスでは富田林駅から乗ってPL本町前で下車です。ただ午後からは交通規制が取られて運休となっているので早めの入場をお勧めします。

どんな歴史があるのでしょう?

PL教の初代教祖が御木徳一です。彼は「死んでも教えが世に広まるなら世界平和のためになる。死んでも嘆かずに花火を打ち上げて祝ってくれ」と豪語していました徳一が亡くなった後、二代目教祖となった徳近により、故郷の愛媛県松山市で教祖祭が行われた時、花火が打ち上げられました。それ以降は、大阪府富田林市の大本庁で行われるようになります。1963年になると名称はPL花火芸術となり、現在では関西地方では夏の風物詩として多くの方が楽しんでいます。

大きな魅力は多彩な演出と花火!

特徴はその花火の種類と演出の多彩さにあります。特にスターマインのスケールの大きさは圧倒されるのは間違いなしです。関西で行われる花火大会でも見られない尺玉が複数の場所から打ち上げられる!数千発もの花火が夜空一杯に膨れ上がります。まさに荘厳の一言と言える大迫力の花火大会です。宗教儀式とは言えども、夏を代表する花火大会になっているのは間違いありません。

おもいっきり花火を楽しみたいならば一度は見ておくべきでしょう。そもそもの宗教儀式という事をついつい忘れてしまい、まさに芸術と言うのに相応しい美しさと大迫力に心がとりこになってしまうでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます