日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

初詣に行きたい神社3選 〜家内安全編〜

初詣はどこに参拝するか決めましたか。今回は初詣に行きたい神社3選・家内安全編をご紹介します。

水戸八幡宮

1592年に佐竹義宣公によって建てられました。代々、水戸藩主の守護神として信仰されてきました。
御祭神は誉田別尊(ほんだわけのみこと)、 息長足日売尊(おきながたらしひめのみこと)、姫大神(ひめのおおかみ)です。

住所:茨城県水戸市八幡町8-54
アクセス:JR水戸駅からバスで、「栄町2丁目経由茨大前行」バスに乗車「栄町2丁目」で下車してすぐ
車~常磐自動車道の水戸インターから水戸市街方面へ(20分)
無料駐車場があります。 

亀山八幡宮

下関の中心に祀られた亀山八幡宮は、859年に宇佐八幡宮から勧請されました。応神天皇、仲哀天皇、神功皇后、仁徳天皇が御祭神です。1月1日の0時からは初太鼓とふく雑炊接待が行われます。

住所:山口県下関市中之町1-1
アクセス:JR山陽本線「下関」からバスに乗車「唐戸」で下車し徒歩3分

森戸大明神

1180年、天下を治めた源頼朝は三嶋明神の御分霊を、鎌倉に近い葉山の聖地に歓請しました。森戸大明神は葉山の総鎮守として、毎年多くの参拝客で賑わいます。

住所:神奈川県三浦郡葉山町堀内1025
アクセス:JR横須賀線「逗子」、または京浜急行電鉄「新逗子」(終点で下車)から、
     京浜急行バスで「逗12 :葉山一色行き(海岸回り)」に乗車し、「森戸神社」で下車し徒歩1分
車~横浜横須賀道路の逗子インターから逗葉新道経由で鎌倉方面へ

初詣で家内安全を祈願し、よいお年をお迎えください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます