日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

イルミネーション 関東で夏でも見られるところ

イルミネーションの美しいさは冬だけのものではありません。関東で夏でも見られるイルミネーションのおすすめスポットをご紹介します。

神奈川県川崎市の「千鳥町貨物ヤード」

千鳥エリアは川崎の工場夜景過密地帯で、そのなかでも千鳥町貨物ヤードは撮影ポイントとしてカメラ愛好家の人気スポットになっています。その理由として、貨物ヤードとプラント軍の夜景を一緒に見ることができるからです。フレアスタックの炎がゆらめいて、工場の周りにむき出しになった、縦横無尽に走る無数のパイプにライトが当てられると、まるで近未来の映像を見るようです。特に貨物ヤード前の裏手になる日本触媒のプラントは、その迫力ゆえに人気があります。また、化学プラントから発せられる重低音の音も雰囲気を盛り上げてくれます。
●アクセス:川崎市バス 川10系統・川40系統市営埠頭バス停下車。夜間なので、できるだけ車でいくことをお勧めします。

東京都の「晴海客船ターミナル」

お台場の海を挟んだ向かい側にある晴海客船ターミナル。建物内からも夜景は楽しめますが、写真を撮るならコンコースがおススメです。ここからの夜景は、遮るものが何もないのでお台場の夜景をフルに見ることができます。東京タワーや高層ビル群、大型客船が停泊していればそれらをバックにしたとてもロマンチックな夜景が楽しめます。展望施設以外は終日解放されているので、ターミナル閉館後には利用客がいなくなり、とても静かになります。波の音を聞きながら都会のイルミネーションを楽しみましょう。
●アクセス:都営大江戸線勝どき駅徒歩20分。でいるだけ車を利用する方がよさそうです。無料駐車場あり

神奈川県横浜市の「赤レンガ倉庫」

2002年にオープンした赤レンガパーク。歴史ある建物がレストランなどさまざまな商業施設が入る建物に生まれ変わりました。明治時代に建てられたこの赤レンガ倉庫は、見るからに重厚で、昼間でもその存在感は目を見張ります。夜になってライトアップされると、さらにそのレンガの質感が際立って、また違った表情を見せてくれます。年月の重みを感じながら、また新感覚のイルミネーションが楽しめます。
●アクセス:「桜木町駅」より汽車道経由で徒歩約15分。「馬車道駅」または「日本大通り駅」より徒歩約6分。「みなとみらい駅」より徒歩約12分

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます