日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカー 移籍金ランキング

2014年はW杯もあり、多くの選手がW杯後に移籍をしました。
そこでサッカーの移籍金ランキングを調べてみました。

サッカー移籍金ランキング TOP5

1位  クリスティアーノ・ロナウド 9400万ユーロ(マンチェスターユナイテッド → レアルマドリード)
2位  ギャレス・ベイル 9100万ユーロ(トッテナム・ホットスパーズ → レアルマドリード)
3位  ルイス・スアレス 8100万ユーロ(リバプール → バルセロナ)
4位  ハメス・ロドリゲス 8000万ユーロ(モナコ → レアルマドリード)
5位  アンヘル・ディ・マリア 7495万ユーロ(レアルマドリード → マンチェスターユナイテッド)

この結果から、レアルマドリードの資金力の高さがわかりますね。

移籍先チームの特徴

先ほどのランキングから、高額の移籍金を払うチームは限られています。
ランキングを元にすると、レアルマドリードは8000~9000万前後の移籍金を支払っています。
レアルマドリードの特徴として、他チームのエース選手や世界的なスター選手を獲得する傾向があります。
これはチーム運営の方針として行っていると言われています。
なぜならスター選手を獲得するには、高額な移籍金を支払う必要があります。しかし、そのスター選手を獲得するとテレビの視聴率を上げることやユニフォームといったグッズの販売増加に繋がるからです。
このため継続的に選手を獲得する必要があり、そのために選手を高額で売る必要があるため、移籍金ランキングの上位に入りやすいです。

今後の展望

移籍金はますます高額になりつつあります。将来は1億ユーロで移籍する選手も出てくると思われます。
今後のサッカー選手の動きに注目しましょう!!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます