日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

「京都掃除に学ぶ会」の理念に基づいて大掃除をしてみた

掃除。これは得意でない人にとっては、修行のように感じるものです。ところで皆さんは「京都掃除に学ぶ会」という団体をご存知ですか?掃除に学ぶ会って一体どんな学びがあるのか、興味をそそられたため、実践してしまいました。体験談をご覧ください!

人を発見!の巻

この会の相談役は鍵山 秀三郎さんです。車の会社の社長で自社掃除を毎日たった一人で極め、社員に影響を与えた方です。ではこの会はどんな理念を掲げているのでしょうか。

理念の巻

自己研さん・気づき・感動の共有・他人も自分も喜ぶ。この4つが柱となり、成り立っています。研さんとは究めることです。「掃除」でどうしてこんな幸せ現象が起きるのでしょうか。実験してみました。

やってみたの巻

京都の会では神社や学校で街頭掃除やトイレ掃除をしています。そこで私、家の周囲と近所を掃き掃除しました。そうしたら、素通りしていく出勤時の方が向こうから挨拶をしてくださるのです。驚きました。外出先でのトイレでは、周囲を綺麗にして出て来ています。結果、後に続く方のお役にもたっているという意識で私も晴れやかな気分です。トイレの大掃除では自然と「いつもありがとう」と便器に向かってつぶやいていました(笑)

たった一度のほんの数分の「掃除」から私は学びました。掃除には確かに力があります。
興味深いのはそれが継続するという事です。是非皆さんも、この感動を味わうために、「掃除」をしてみてください。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます