日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

換気扇の油汚れにも使える大掃除で大活躍の洗剤!

十二月の足音が聞こえてくると、なにかと気ぜわしく感じられます。
この時期、主婦にとっての一番のイベントは、大掃除ですね。
特に油汚れ。「時間が掛かるのに、思ったようにきれいにならない」と、嘆かれている方もいらっしゃることでしょう。
皆様、今年の大掃除には換気扇の油汚れまで落とすことのできる『ディゾルビット』という洗剤を使用してみませんか。

大掃除で大活躍するディゾルビットの特徴

天然オレンジオイルから生まれた人にも環境にも優しい汚れはがし剤です。
金属等に対し非腐食性。有害物質は不使用。
水拭き,又は水洗いをするときれいに汚れを除去できます。
航空業界でも作業員の安全と環境に配慮して、飛行機の洗浄剤としても使われています。

もちろん換気扇もOK!ディゾルビットの用途

接着剤・口紅・グリース・シリコン・シリコンコーキング・オイル・換気扇の汚れ・レンジ周りの汚れ・金属板の汚れ・防錆剤・その他頑固な汚れに効果があります。

油汚れを落とすディゾルビットの使用方法

ディゾルビットは溶かす作用で、汚れを除去する洗剤です。
水で薄めず原液のまま使います。
厚みのある汚れは、ディゾルビットをつける前に、出来るだけ削り取ります。
念のため、目立たないところで、色落ちなどしないか試します。
汚れと下地の接着面に直接ディゾルビットを吹き付けてから、汚れに応じて30秒から15分ほど放置します。
汚れを取った後は水拭きします。

まとめ

さあ、汚れが落ちる上に手にも環境にも優しい『ディゾルビット』を使って、今年の大掃除は油汚れをピカピカにしちゃいましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます