日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

懇親会での挨拶 〜ビジネス編〜

懇親会での挨拶 〜ビジネス編〜

懇親会は、組織や団体など同じ目的や目標を持った人たちが集まり、親交や交流を深めるために行います。ビジネスでの懇親会では、同僚や同じ部署の人たちとの飲み会とは違い、会社や組織全体の違う部署のたくさんの人が集まって行われます。

そんな、ビジネスでの懇親会での挨拶と会の流れについてまとめました。

ビジネスでの懇親会で抑えておくポイント

ビジネスで行われる懇親会は、会社やその組織全体の目標やプロジェクトを周知する目的があります。その目標、またはプロジェクトをお互いの交流や親交を深め、皆で一丸となって目標達成、プロジェクトを成功させようといった趣旨がある場合があります。

ビジネスでの懇親会の時は、その目的やプロジェクトについて事前に理解しておくことがポイントです。また、ビジネスでの懇親会は、大きな会場をレンタルして行われることが多くあります。そういった場合、幹事は懇親会のタイムスケジュールを把握し、最初の挨拶と締めの挨拶で時間調整を行います。

ビジネスでの懇親会 最初の挨拶

懇親会での最初の挨拶は、短く簡単にまとめるのがポイントです。懇親会では、最初の挨拶の後、乾杯で会が開始するのが一般的です。そのため最初の挨拶の前に参加者に飲み物が配られます。

また、最初の挨拶の後の乾杯が終わるまで、食事も摂らないのがマナーとなっています。最初の挨拶は参加者の人たちへの感謝、会の目的や趣旨を短く簡単にまとめておくとよいでしょう。乾杯については、その会のトップの人が行う場合、事前に打ち合わせをしておき、挨拶の時に乾杯の挨拶をを促します。

幹事が行う時は、挨拶の後の乾杯を忘れないようにしましょう。

ビジネスでの懇親会 締めの挨拶

懇親会では、たくさんの人が集まり歓談を楽しんでいます。そんな中での締めの挨拶は、しっかりとした声で短くすることポイントです。

「宴もたけなわですが、お時間となりました。」とはっきりとした声で、会の終わりであることを伝えます。

ビジネスでの懇親会の締めは、会社や組織、参加者の人たちの今後の発展を願い、一本締めや万歳三唱で締めるのが一般的です。一本締めや万歳三唱を行う時、懇親会の目的や趣旨、参加者の人たちへの感謝の言葉を簡単にまとめて挨拶をします。締めの挨拶については、その会のトップや責任者にお願いしてもよいでしょう。

そのほか、二次会などがある時は、締めの挨拶の時に会場や時間を伝えておくと、参加者の人たちも懇親会終了後、スムーズに移動することができるので、良心的な挨拶となるでしょう。

まとめ

ビジネスでの懇親会の挨拶は、何を言って良いか悩んでしまうかもしれません。懇親会の挨拶は、最初と締めの挨拶が重要です。

懇親会の趣旨や目的を理解し、自分なりの言葉で短くまとめ、スマートな挨拶を心がけましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます