日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

鍋パーティの定番!キムチ鍋レシピ

鍋と言えば、美味しくて心も身体も温まります。
そんな鍋の中でも特に魅力的なのがキムチ鍋です。
そんなキムチ鍋をもっと簡単に、もっと美味しく作る方法があります。
工夫を加えた「ワンランク上のキムチ鍋の作り方」を分かりやすくまとめました。

キムチ鍋を作るために必要な食材

牡蠣(120g)
下味(酒:小1/4、醤油:1/4、片栗粉)
豚肉バラ肉(100g)、玉ねぎ(1/2個)
うどん(1〜2玉)
白菜キムチ(100g)
長ネギ(40g)
しめじ(40g)
絹ごし豆腐(1かけ)
千切り生姜(7g)
ごま油
昆布と煮干しのダシ(水:450ml、煮干し:2尾、出し昆布:2g、酒:大さじ3)

美味しいキムチ鍋を作る為の下ごしらえ

最初に、昆布と煮干しのダシを作ります。
牡蠣は、海水程度の塩水で洗い、流水で流し水気をしっかり切ります。
その牡蠣を醤油とお酒にまぶします。
フライパンにごま油を入れて熱します。
牡蠣の汁気を切り、片栗粉をまぶして焼いていきます。
※牡蠣は下味を付けて焼く事でより美味しくなります。

美味しいキムチ鍋の作り方

鍋に玉ねぎとうどんを入れます。
次に、豚肉とキムチ、ネギとしめじを入れます。
つぶしたニンニクと生姜の千切りを入れます。
その鍋に昆布と煮干しのダシを入れ、酒を加えて火をつけます。
沸騰してきたら味噌とコチュジャンを加えます。
その後に、豆腐を入れます。
再び沸騰し豆腐が温まったら牡蠣を入れてください。
最後に、ニラとごま油を入れ、ニラがしんなりしてきたら出来上がりです。

まとめ

この作り方を取り入れることで簡単に美味しいキムチ鍋を作る事ができます。
ぜひ、ワンランク上の美味しさを味わってみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます