日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

覚えておきたい初詣のマナー 詣でる時間帯について

年始のニュースを見ていると、初詣をするために大晦日の夜から神社に並ぶ人を見かけることがあります。実は初詣には考え方や解釈によって適切な時間帯というものが存在します。

恵方参り

初詣の由来には主に2つの説があり、そのうちの1つが恵方参りと呼ばれる物です。これは歳神様と呼ばれるその年を司る神様に家内安全や豊作を祈る儀式です。歳神様のお下がりであるおせち料理を食べた後、歳神様のいる邦楽にある神社や寺院に参拝する物です。この恵方参りはその年の初参りとなりますので、新年になってからの参拝が必要となります。つまり、年越しさえしていれば深夜でも参拝しても大丈夫です。

年籠り

これがもう1つの初詣の由来なる儀式であり、その土地の氏神様を祀っている神社にこもり、大晦日から元旦にかけて家内安全と豊作を祈願する物です。昔は歳神様を待たずに寝るとシワや白髪が増えると言われていたかことから、とても重要な行事として行われていました。この年籠りですが、大晦日と元旦の2年にかけて参拝することから二年参りとも言われています。
穀物の神と言われる歳神様に参る物恵方参りとその土地の氏神様に参る年籠りですが、基本的には新年を良い一年にするために神様にお参りするという意味ではどちらも同じものです。ですが、どちらの神を信仰するか、その解釈の違いで参拝の時間帯が微妙に変わります。また、神社やお寺によっても祀っている神様は違います。どの神社に何の神様がいるかを調べて正しい参拝をし、素敵な一年を迎えられるようにしましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます