日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

イルミネーションを丸の内に見に行こう!

冬の夜空にきらめくイルミネーション。毎年様々な趣向を凝らしたイルミネーションが日本各地で公開されます。冬のお出かけスポットとして、最早定番となりましたね。今回は、絢爛豪華な丸の内イルミネーションをご紹介します。

豪華なシャンパンゴールド!

東京千代田区、丸の内仲通り。有楽町と大手町を繋いでいる1.2kmの大通りの並びには、丸ビルや新丸ビル、その他三菱グループ各社のビルがずらりと顔を揃えています。
11月半ばから2月半ばまでの3ヶ月間、仲通りの沿道の街路樹は一斉にイルミネーションに輝きます。約240本がLED約111万球でライトアップされると言うのですから、その眺めは格別。丸の内オリジナルカラーであるシャンパンゴールドを使い、上品で高級感溢れる沿道を演出します。
周辺のビルにも、もちろんイルミネーションがいっぱい。クリスマスまでの間、丸ビルの『アナと雪の女王』をはじめとして、様々なディズニーイルミネーションも登場しました。

環境に配慮! NEWエコイルミネーション

丸の内仲通りイルミネーションで使用されるLEDは、従来型よりも消費電力を65パーセント削減する『エコイルミネーション』。ですが、2014年度には更にエネルギー損失を減らし、効率化に成功。更に30パーセントの電力削減が可能な『NEWエコイルミネーション』を一部に試験導入するとのことです。また、全ての電力を自然発電によるグリーン電力で賄っており、様々な方法で環境に配慮されたイルミネーションです。

上品で豪華な仲通りイルミネーションはもちろん、クリスマスシーズンは近辺のあちこちにイルミネーションが盛り沢山。是非JR東京駅から丸の内周辺を回ってみては?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます