日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

キャンプツーリングに必要な持ち物は?

バイクでのキャンプは積載量が車で移動する場合とは違いますので、コンパクトなものを選びたいものですが、キャンプ用品選びには注意したい点がいくつかあります。
買って後悔する前に、よく考えてみましょう。

テントは一人用で十分?

大抵バイクで旅をする人は、自分だけが横になれれば良いので、一人用のテントを買いますが、サイズ選びで失敗する方が多いです。
一人用テントで小さいものですと、確かに人間一人は横になれるのですが、雨の日や、防犯の為に荷物やヘルメットをテントに入れたいですよね?
そんな時、あまり小さいテントを選んでしまうととても狭くなってしまうので、少し余裕のある幅の物を選びましょう。

必要以上に調理器具を持っていかない

ひとりでキャンプをしていると、調理は普通のキャンプより、簡単なもので終わらせる場合が多くなります。
インスタントラーメンを茹でるだけとか、コヒーを沸かすだけ程度の事で終わってしまいますので、まな板や包丁を必要以上に持って行って使わなかったという事がよくあります。
必要最低限で良いので、本当に必要だと思ったら100円ショップで買えばよいでしょう。

キャンプマットは必需品

寝袋の下にキャンプマットを敷くことで体温の低下を抑えられますし、何より身体が痛くならないのが良いですね。
ただ、これをホームセンターで売っている銀マットで代用しているライダーが多いのですが、バイクに積む時に邪魔になっているライダーも多いようです。
キャンプ用品店にはコンパクトに収納できるものがありますので、こういう物を選んだほうが、走っている時に気になりません。

バイクでのキャンプは普段のツーリングよりも荷物が多くなりますが、走行中に気になるようでは、ツーリングが楽しめなくなってしまいます。
できるだけコンパクトにまとめられる物を選び、大切な所にはしっかりとしたものを使いたいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます