日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケ機種「DAM」の採点で高得点をとる方法

カラオケと言えば、みんなで楽しくワイワイ盛り上がりますよね。
その魅力の中に、採点が行えるという点があります。
でも点数が伸びないと萎縮してしまい、その盛り上がりにはノリにくいのも事実です。
そこで、カラオケ「DAM」の精密採点で高得点をとる方法についてわかりやすくまとめてみました。

「DAM」の精密採点では、ガイドメロディーを使用する

カラオケ「DAM」には、歌の音程をわかりやすくするガイドメロディーと呼ばれる機能が備わっています。
このガイドメロディーは、カラオケ「DAM」の精密採点初心者でも歌いやすいように完璧な音程を流しています。
つまり、ガイドメロディーの音程を聞き、その音程に倣って歌う事で高得点をとる事ができるのです。

抑揚をつけて歌う

歌を表現するためには、抑揚をつけて歌う事が大切です。
でも突然『抑揚』と言われても、よくわかりませんよね?
そんな方に抑揚をつけて歌う簡単な方法をお教えします。
それは、Aメロ、Bメロを小さな声で歌い、サビを大きな声で歌うという歌い方です。
この歌い方をする事で、簡単に抑揚をつけることができます。
慣れてきたら、マイクの距離を離して歌ってみましょう。
こうすることで、より抑揚をつける事ができて歌の表現力が増します。

ビブラートをロングトーンの場所にかけて歌う

カラオケは、フラグと呼ばれる音程を表してくれる機能があります。
この音程に合わせて歌うことで採点が行われます。
けれど音程を完璧に合わせるのは難しいですし、抑揚まで入れようと思うと、さらに難易度は増します。
そこで高得点を狙う場合には、ビブラートを使います。
ビブラートとは、横隔膜を使って声を震わせる歌い方です。
このビブラートは、曲の中のロングトーンと呼ばれる所(フラグバーが長く伸びている所)で使います。
そうすることで、高得点につながります。

まとめ

これらの方法をしっかり取り入れる事で、カラオケ「DAM」の採点で高得点をとる事ができます。
ぜひ、試してみてはいかがでしょうか?

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます