日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

懇親会の服装「オフィスカジュアル」ってなに?

普段はあまりお付き合いが無い方ともご一緒することになる懇親会。第一印象にも直結する場合もあるので、服装にも気を使いますよね。懇親会の服装にはやはなり無難な「ビジネスカジュアル」を指定されることも多いでしょう。ビジネスカジュアルの装いのポイントをまとめてみました。またボトムスはパンツ、スカートいずれもOKですが、ジーンズやスキニー、カラータイツなどは避けましょう。

1.アウターはカジュアルすぎない

ビジネスカジュアルとは、スーツ着用まではいかなくても、ビジネスに不都合のない服装のことです。オフィスの中でも違和感のないような服装がポイントで、アウターはジャケットや、ニットアンサンブルなどが望ましいです。NGなアウターの例としては、カジュアルすぎるGジャンや、フリル満載などの奇抜なデザインは好まれません。またボトムスはパンツ、スカートいずれもOKですが、ジーンズやスキニー、カラータイツなどは避けましょう。

2.インナーも上品にまとめる

ジャケットやアウターを脱ぐ場合も考慮してインナーにも気を配りましょう。こちらもオフィスで違和感がないくらいの服装が基本です。必ずしも襟付きである必要はありませんが、清潔感のあるブラウスやプルオーバーなどが望ましいです。NGなインナーの例としては、Tシャツや露出の激しすぎるキャミソールなどは避けましょう。色調もあまりどぎついものは避けましょう。

3.アクセサリやネイルはシンプルなものを

アクセサリはシンプルで上品なものを基調としましょう。あまりにも大ぶりなネックレスや、大きく揺れるイヤリング、ピアスなどは避けましょう。また、ネイルは清潔感のあるシンプルなもののみとし、派手なデコレーション付のデザインや、黒・緑などの奇抜な色合いは避けましょう。

おわりに

奇抜な服装やびっくりするような服装だと、互いの人柄や話の内容そのものに集中できませんよね。場を乱さない服装を心がけることで、好感度も上がることでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます