日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

東京新宿駅からも行けるハイキング乙女峠から金時山を目指す

東京新宿駅からも行けるハイキング 乙女峠から金時山を目指す

山を始めて割りと入門登山として登られる方が多い金時山。
今回はそんな金時山の登山コース、乙女峠から金時山を紹介します。

金時山は箱根の山で、山頂からの富士山は箱根の山では最もよく眺めることができる。
天気が良ければ富士山の迫力満点の景色を眺めることができ、且つ体力的にも初心者向けであり是非とも一度は登ってもらいたい山の一つです。

乙女峠までのアクセス

小田原駅下車
↓   
41分 箱根登山バス
↓     
仙石バス停下車

5分  箱根登山バス
↓       
乙女峠バス停          

乙女峠バス停から山頂

乙女峠バス停→乙女峠
バスを降りたらまずは乙女峠を目指します。
バス停から乙女峠までは歩いて40分程度です。
ふじみ茶屋からは御殿場市街と富士山の眺望があります。

乙女峠→金時山
行程は60分程度です。途中長尾山を経て金時山となりますが、長尾山の山頂付近は滑りやすいので前日に雨が降った際には注意しましょう。
金時山山頂付近には2軒の茶屋があるので休憩できます。
山頂からは大迫力の富士山が眺められます。

金時山→矢倉沢峠
30分程度の行程です。
金太郎茶屋脇の尾根道を下ります。
下りはじめは斜面が急なので転倒などには十分注意し安全に下りましょう。
途中で箱根外輪山の景色を楽しむことができます。

矢倉沢峠→仙石
30分程度です。
展望もなく足場は岩などで滑りやすいため最後まで気を抜かぬようにしましょう。
舗装路にでれば間もなく金時山登山口のあるバス停ですが、更に先の仙石バス停のほうが本数が多いのでもう少しがんばりましょう。

まとめ

いかがでしたか。
都心からのアクセスは乙女峠を起点にし、仙石を終点にしたほうが帰路につきやすいため乙女峠からの紹介としました。

登山適期は4月~7月、9月~12月です。
冬場の時期は積雪や降雪もあるので登山をはじめたばかりの方は適期に登られることをおすすめします。

また、事前にバスの時間などを確認して無理なく下山できるようにしましょう。
安全に家に帰るまでが登山なのです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます