日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ゴルフ用語 これだけ覚えよう!基礎用語

ゴルフといえば紳士淑女のスポーツとして知られています。
最近はゴルフを始められる方も増えていますが、ゴルフ用語を知らないという方も多いと思います。
そこでこれだけは覚えておきたいというゴルフ基礎用語を紹介したいと思います。

まずはクラブの種類

ゴルフといえば様々なクラブがあります。
クラブはゴルフにおいて必要な道具であり必ず覚えておきたい用語となります。
クラブにはドライバー、アイアン、パターとなり、ドライバーは最初に使用するクラブで最も距離が出るクラブとなります。アイアンは様々な場面で使用する事が出来、主にグリーンに乗せる際に使用する事になります。最後にパターはグリーン上でカップにボールを入れる際に使用します。

ラウンドって何?

ゴルフではホールと呼ばれるコースが合計18ホールあります。
18ホールをプレーすることを1ラウンドといい、1~9ホールをアウトコース、10~18ホールをインコースといいます。

打数によるスコアの呼び方

ゴルフでは各ホール毎に規定の打数が決められています。その打数通りでホールにボールを入れるとパーといいます。一つ打数が少ないとバーディー、一つ打数が多いとボギーといいます。
また、最初の一打でホールにボールを入れるとホールインワンといいます。

OBとは?

よくゴルフの試合でOBという言葉を聞くことがあると思います。
OBとはアウトオブバウンズといい、ゴールコース区域外の事をいいます。
白杭で区切られており、OBになった場合は1打の罰則となります。

まとめ

ゴルフには様々な用語がありますが、今回紹介した基礎用語を覚えていれば快適にプレーすることが出来ると思います。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます