日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

社員旅行の宴会マナーについて 〜女性編〜

社員旅行の宴会、いつもの会社帰りの宴会と違ってゆるい雰囲気ですが、やはり会社の行事です。
うっかりマナー違反をしてひんしゅくを買わないように気を付けましょう。

くつろぎ過ぎの服装に注意

いくら旅先とはいえ、あまりにリラックスし過ぎた格好は失礼にあたります。
旅館の浴衣は本来、寝間着です。着くずれしやすくて目のやり場にも困りますし、宴会に着ていくことは避けましょう。
宴会場が座敷なら、座りやすく、動いた際にも肌の見えないものがよいですね。
ごくカジュアルなパンツスタイルなら、適度なくつろぎ感もあってよいのでは。
あまり堅苦しくない会社なら、きれいめのトップスにジャージでも十分でしょう。

仲良しだけでかたまらない

夕食は気の合った同期や女子社員で集まってわいわいとやりたいところですが、社員旅行はただの飲み会ではありません。
普段は話すことのない社員同士の親睦を深めることも目的ですから、あまり話したことのない方の近くなどにもできるだけ積極的に座りましょう。
くつろいだ雰囲気の中なら、意外な方の意外な話が聞けるかもしれませんよ。

お酌は座ったまま手の届く範囲で

温泉で宴会ともなれば、お酌をした方がよいのか、と思う方もおられるかもしれませんが、基本的に不要です。
女性社員がお酒を注いで回っている姿は、傍目に見てもあまり好感の持てるものではなく、会社の品位にもかかわります。
同じテーブルの方など、座ったまま手が届く範囲のグラスが空になったら、いかがですかと声をかける程度でよいでしょう。

まとめ

単に飲んだり食べたりするのが目的ではないので、全体を見て和やかな雰囲気を心がけてください。
お開きのあとは、部屋に戻って気の合った仲間とゆっくり2次会を楽しむのもいいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます