日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

忘年会の景品 電化製品はあり?

忘年会のビンゴで家電が当たったけど結局しまいこんだまま、という経験はありませんか。
確かにちょうど欲しいと思っていた品でもない限り、それほど感動はないかもしれません。
とはいえ目玉にもしやすい景品なので、ポイントを押さえて喜んでもらえるアイテムに変えましょう。

消耗品に手間やお金がかからないか要チェック

例えば電動歯ブラシ。
試しに使ってみたい、という方は多いため、プレゼントとしてはなかなか好評です。
でも交換用のブラシが意外に高価、または近所にない、というのもよく聞かれる話です。
気にいってしばらく使っていたけど、わざわざ取り寄せなければならずお金もかかるから、とそのまま埃をかぶってしまってはとても残念ですね。
消耗品の交換が必要な家電は本体とのバランスを考えた品選びが大切です。

流行りのものは長く使える工夫を

当たった時に盛り上がる、いわゆる流行りのものは、景品に一つは欲しいところですが、すぐに飽きて使わなくなることも。
特にデザートメーカーなどは、もらった時は珍しくて作ってみるものの、最初のうちだけだった、ということになりがちです。
それぞれレシピ集もたくさん出ていますから、一緒に添えて長く使ってもらえるように工夫してはどうでしょう。
お手入れも簡単なものを選びたいですね。

日常的に使うプチ便利グッズなら◎

かさばる物やめったに使わないものはつい奥の方にしまって忘れてしまうことが多いものですが、いつも手元に置いて使えるちょっと便利なものならそんなこともありません。

例えば最近よく見るワインオープナーはどうでしょう。
デイリーに飲むワインなら手軽に開けたいものですし、女性でも簡単に開けられてちょっと感動ものです。
ミニスチームアイロンなども、出がけにスーツのしわが気になった時にささっと気軽に使えますよ。
あると便利だけど他に代用品があるし買うほどではない、というものなら喜んでもらえそうです。

まとめ

維持費はかからない?飽きがこない?手軽に毎日使える?
この3つをクリアできれば、“使える” 景品になりそうですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます