日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ツーリング 服装 【夏バージョン】

夏場のツーリングは大変暑くなりますので、軽装になりがちですが、やはり安全を考えると肌の露出は極力控えたいものです。
しかし、路面温度が40℃を超える中では革つなぎを着て走るのは大変です。
夏場のツーリングに最適な涼しい服装をご紹介しましょう。

ケガを防ぐためのプロテクター

どうしても暑さ対策のために服は生地が薄めのものを選んでしまうのですが、プロテクターを付けているだけでケガの確率はかなり少なくなります。
肘・すねのプロテクターはズボンや服の下につけることができて、見た目にもかっこ悪くないですし、転倒時にケガをしやすく、しっかりと保護したいところです。

胸部保護インナーは便利で目立たない

最もケガをしやすい胸部の保護はしっかりとしたい部分です。
プロテクターを装着するというイメージが強いのですが、インナー一体型のものであれば、脱着の面倒さが無く見た目も悪くありません。

どんなに暑くてもブーツだけは専用のものを

ケガをしてもある程度はなんとか自走できるのですが、足首を痛めると何もできなくなってしまいます。
これは人通りの少ない場所では致命的になってしまいます。ブーツだけはしっかりと保護できるものを選びましょう。

ツーリングはバイクで走ることがメインになってきますが、途中でお店に立ち寄ったり、観光地を歩いたりもします。
あまり大げさな装備で歩くのはちょっと気恥ずかしいものですので、目立ちにくいものを選んだほうが良いでしょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます