日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ツーリング の旅。北海道にフェリーでいざ乗り込む!

憧れの北海道ツーリングにはカーフェリーを利用するのが一般的なのですが、フェリーにははどこから乗ったら良いのでしょうか?
青森まで自走でという方が多いのですが、その他の港からも北海道行きフェリーが出ていますので比較してみましょう。

出発港と所要時間

・青森港→函館港(3時間40分)
・大間港→函館港(1時間40分)
・八戸港→苫小牧港(9時間)
・仙台港→苫小牧港(15時間20分)
・大洗港→苫小牧港(18時間)
・新潟港→小樽港(18時間)

長時間航海のメリット

青森県まで自走し、船に乗ればすぐに北海道に行けるのですが、例えば東京から出発した場合には新潟や大洗を利用したほうが良い場合もあります。
東京を早朝出発し、青森に到着しても函館行きの船が終わっている場合が多く、青森で一泊しなくてはいけなくなります。
フェリーに長時間乗っている様に感じますが、そこで一泊していると考えれば結局到着するのは同じか早くなるのです。

フェリーにいざ乗船したら

フェリー滞在に必要な物だけをバッグに詰めて、他のものはバイクに残しておくという場合が多いのですが、誰もが一度は失敗してしまうのが、バイクに必要な物を忘れてしまう事です。
出稿してしまえばバイクに戻れませんので、出航前にきちんと荷物のチェックをしておきたいですね。

フェリーには多くのバイク乗りが乗船していますので、たくさんの北海道情報を聞き出すというのもフェリー旅の面白さでも有ります。
地図を広げて今からツーリングをするコースや、キャンプ場、ライダーハウスの場所を調べて、日程を作るのも良いでしょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます