日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ダーツ 安定したスローを投げるコツ

ダーツバーがあるように、ダーツは気軽にできる楽しいゲームです。しかし、これがなかなか難しいものです。見よう見まねで遊んでいる人も多いかもしれませんが、投げ方のコツさえつかんでしまえば、簡単に高得点を得られることができます!むしろ、ダーツは投げ方で、ゲームに勝つ半分以上の要因を含んでいると言ってしまってもいいくらいです。

投げ方のコツ

まずは力まずにゆったりした気持ちで構えます。構え方は両足をダーツボードの正面に向けたオープンスタンス、ダーツボードに対し真横に両足を置いたクローズドスタンス、ダーツボードに対し斜め45度に向けたスタンダードスタンスがあります。自分のやりやすいスタンスで構えます。

握り方のポイント

ダーツは優しく握り、少し重さを感じるくらいがベスト。3本指でも4本指でもどちらで握っても構いません。強く握りすぎてしまうと、フォームが崩れやすくなってしまうので注意です。投げるときのポイントは、肘を動かさないことと、リリースしてダーツを投げるときに全ての指が同時に離れることです。

この時、持ち方や投げ方は固定する方がとても重要です。ダーツを投げるたびに、フォームなどを変えてしまうのはおススメできません。また、腕を振り子のようにして、自然に投げることが良いです。

ご存知のようにダーツは真っ直ぐ飛んでいくわけではなく、放射状に飛びます。標的までの放射線をイメージして、ダーツから標的までの一番高くなる部分に通すように投げましょう。つまり、自分が今狙っている標的を最終目標とはしないで、中間部分を通していくようなイメージを持って投げます。実際、ダーツはかなり山なりに飛んでいるものです。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます