日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

追いコンの挨拶で感動させるためのコツ

上級生の門出を祝うイベント、追い出しコンパ。

中でも後輩の代表者から先輩方への挨拶というのは、会の締めにふさわしいクライマックスです。やはり後輩としては、先輩方に喜んでもらい、そして泣かせにかかりたいところ。

どのような挨拶をすれば先輩たちを感動させることができるのでしょうか。

素直に、シンプルに

いくら先輩たちに感動してほしいからと言って、「狙い過ぎた」挨拶は控えましょう。感動を演出しようとするあまり、わざとらしい挨拶になってしまうとかえって場はしらけてしまいます。

先輩たちへの感謝の気持ちを素直に、シンプルに伝えることを心がけましょう。

ストーリーを意識する

人にものを伝えるとき、その話の「ストーリー」は非常に重要です。ただ単に感謝の気持ちを述べるのではなく、これまでの先輩たちとのストーリーを意識して話を組み立てましょう。

シンプルに、かつ「ストーリー」を意識して。そうすればそのメッセージは先輩たちの心にストレートに刺さることでしょう。

まとめ

結論から言えば、追いコンの挨拶で、感動のシーンを演出することはできます。

素直な感謝の気持ちをストーリーに乗せてシンプルに。難しそうに聞こえるかもしれませんが、先輩たちにお世話になった日々を思い出しながら準備をすれば自然とそうなるはずです。

狙ったように涙を誘うのではなく、直接先輩方の心に入り込むような挨拶を心がけてみてください。きっとさわやかな別れができることでしょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます