日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

先人に学べ!バスケ初心者に贈るアドバイス

どんなスポーツでも始めたての頃は、憧れの選手のように上手くプレーすることはできません。
ですが、それはプロ選手も同じです!
挫折を繰り返しながら、努力を重ねた結果、今の地位を築いているのです。

有名選手の名言集

「高校時代は代表チームの選考から漏れた。 9000回以上シュートを外し、300試合に敗れ、決勝シュートを任されて26回も外した。 人生で何度も何度も失敗してきた。 だから私は成功した。」
マイケル・ジョーダンの言葉です。バスケ界を代表するスーパースターも多くの失敗を重ねたからこそ、成功したのです。

「何万回もパスをし、何万キロもドリブルして、何万本もシュートを打って、何十足もバッシュを履きつぶし、僕はアメリカのコートに立った。でも、僕の旅は終わりじゃない。これは始まり。」
日本人初のNBA選手 田臥勇太選手の言葉です。高校時代は「9冠」を達成し、公式戦で負けたのはわずか1度という無敵ぶりでした。そんな彼もNBA挑戦1年目には開幕前に解雇されています。そして、2年目にしてついに、開幕戦を含む4試合に出場します。しかし、1ヶ月後には再び解雇されますが、その後も彼はNBA挑戦を続けます。国内で頂点を極めてもまだまだ上を見ているのです。

「体のサイズは関係ない。ハートのサイズが大切なんだ。」
身長177cmとNBA選手としては小柄ながら、4度も得点王に輝いたアレン・アイバーソンの言葉です。
自身の言葉通り果敢に大男の中に飛び込んでいき、得点を重ねる姿は人々の記憶に刻み込まれています。
たとえ、小さな体でも栄光を掴み取ることができるということを体現した選手です。
身長が低いと諦める前に、他の人には負けない武器を磨きましょう!

まとめ

どんな名選手も挫折や失敗、弱点を克服し成功を掴み取ってきました。
始めたばかりでできないのは当たり前!
失敗の先に成功があります。諦めずに努力を続けましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます