日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカーの練習メニュー【ドリブル編】

サッカーにおいて、自身のプレイをアピールでき、攻撃を行うに当たって重要なプレイであるドリブルの
基礎と練習メニューについて学んでいきたいと思います。

ドリブルの基本

基本としては、足元とボールの距離間を注意することです。自身の足の許容範囲内に、ボールが存在していることが重要です。
目線は、常にボールを見ているわけではなく、周囲の状況(味方・敵の動き)を注視することで、次の最適なプレーに繋げることができます。
姿勢は、あまり前傾にならずできるだけ直立姿勢に近い形のほうが、目線が下方にならず周囲への視野拡大に繋がります。

ドリブルの練習法

①グランド上に、S字カーブやヘヤピンカーブ等の曲がりくねった形のコースをライン引きで作ります。
そのコース上で、全力疾走・左足のみ・インサイドのみ・右左交互等のドリブルを行います。
このようにすることで、ボールタッチの感覚・ボールスピードの調整・ボールに対するバランス感覚等を身に付けることができるようになります。
②グランド上に、直角線や円線等の単線を囲い線の中に描きます。①とは異なり、1人だけでは無く2人以上で行います。
1人が線上のみをドリブルで移動し、残りのドリブルを行っていない人(ディフェンダー)が線上のみを移動し、ドリブルを行っている人のボールを奪います。
このようにすることで、ドリブルを行いながら周囲(ディフェンダー)の動きを見る力・瞬間的な判断力が身に付き、また
小回りの効くボールタッチの練習にもなります。

まとめ

練習を行う際、堅苦しい練習を行っては、本来の楽しさを味わうことが出来ません。
遊びの延長線上という形で、楽しみながらボールと触れ合うことも練習の一部だと思います。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます