日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカーボールの蹴り方を練習する

サッカーには様々な蹴り方があります。今回はサッカーでよく使う「インサイドキック」「インフロントキック」「インステップキック」の蹴り方についてご紹介します。

インサイドキック

インサイドキックは近くの選手に正確にパスを送りたい時などに利用する蹴り方です。ボールを蹴る足は蹴る方向と垂直にし、足の中心でボールを蹴ります。この時、足首をしっかりと固定するようにしてください。軸足はボールの真横に置き、つま先と膝をボールの蹴る方向に向けます。

インフロントキック

インフロントキックは遠くに飛ばす時などに利用する蹴り方です。後ろに重心を置くようにして助走します。軸足はボールの少し手間で踏み込みます。親指の付根あたりでボール下を蹴り上げるようにします。蹴った足を大きく振り切ることでより遠くに飛ばすことができます。ボールの中心から外側を蹴ることでカーブがかかりますので、そちらもあわせてやってみましょう。

インステップキック

インステップキックは強いシュートをうつ時などに利用する蹴り方です。助走を十分にとって前傾姿勢でボールに向かいます。スパイクの靴紐あたりでボールを蹴るように意識します。足をたててボールの中心を蹴るようにします。足は固定して振り切り過ぎないようにします。

まとめ

今回ご紹介した3つのキックが完璧にできるとプレーの幅が大きく広がります。いきなり完璧を目指さずに、まずは一つ一つの動作がしっかりとできているかを確認しながら練習に取り組んでみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます