日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

イルミネーション を池袋駅で楽しむ

寒い冬。
空気が澄んでいるので、景色がきれいに見える時期でもあります。
寒いからといって、家でぬくぬくしていてはもったいないですよ。

クリスマスシーズンは、街がイルミネーションで飾られてきれいですね。
いつも仕事や買い物で訪れている街も、クリスマスの時期は、キラキラ輝いていて幻想的な雰囲気を醸し出しています。

今回は、東京の副都心のひとつ、池袋で楽しむイルミネーションを、池袋駅を中心にご紹介しましょう。

東口ロータリー


http://komekami.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/pc061351-300×400.jpg

「イケフクロウ」の横を通って階段を上がると、目の前のロータリーに広がるイルミネーション。
周囲のネオンに負けないくらいの輝きです。

立教大学 池袋キャンパス

キャンパス内で輝きを放つ立教大学のクリスマスツリー。
キリストの降臨から地上へ姿を現すまでの期間(12月1日から1月6日まで)点燈するんだとか。
行事もいろいろあって、厳粛な気持ちになる時期です。

サンシャインシティ アルパ


http://komekami.sakura.ne.jp/wp-content/uploads/pc061305-500×375.jpg

寒いのが苦手な人は、サンシャインシティのクリスマスツリーはいかがでしょうか?
地下1階の噴水広場に、毎年11月上旬から登場するクリスマスツリー。
吹き抜けになっている2階まで届く大きなツリーは圧巻で、噴水の水しぶきとのコラボは、見ごたえたっぷりです。

まとめ

1年のうちで、最も盛り上がる時、クリスマス。
幻想的な光に包まれて、厳粛な気分になったり、ロマンチックな気分に浸ったりするのもいいですね。
キラキラ光るライトの下で、あなたの人生が変わる瞬間があるかもしれません。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます