日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ツーリング でキャンプ 道具はこれさえ持っとけば!

持っていく荷物が制限されるバイクでのキャンプは必要最低限の物やコンパクトにまとめられる物を選びたいたいですが、これだけは外せないという物を紹介しましょう。

充電問題を解決する

デジタルカメラやスマートフォン等充電が必要な物が多くなりましたね。
いざ使おうとした時に充電切れになってしまった時は本当に残念な気持ちになってしまいます。
そこで、外付けモバイルバッテリーを用意する方が多いのですが、せっかく発電機が付いているバイクに乗っているのですから、バイクのバッテリーから電源を取れば走行中に充電ができます。
これなら数少ないキャンプ上の電源の順番待ちをしなくても良いですね。

簡単調理ができるカセットガス式ストーブ

カセットコンロはかさばりますので、簡易式のカセットストーブを持って行きましょう。
これならほとんどスペースを取りませんし、キャンプ場でいちいち火をおこす作業から開放されます。
これがあれば俄然キャンプに来たと感じられます。

滞在期間が長くなったら

ツーリングでのキャンプは移動がメインですので、あまりタープを使う方は少ないのですが、2〜3日でも滞在期間ができるのであれば用意しておいても良いでしょう。
雨が降ってきた時のキャンプは本当につらいものですが、これがあるだけで快適性が格段に上がります。
複数人でキャンプをする時には持っていった方が良いアイテムのひとつですね。

防虫剤は忘れがち

キャンプをする時に、テントやシュラフばかりに目が行きがちですが、実際はテントやシュラフなど無くても眠ることはできるのです。
しかし、蚊が大量にいるような場所ではどんなにテントに気密性があっても侵入してきて満足に眠ることができません。
忘れやすいものですが、蚊取り線香や防虫剤は用意しておきたいです。

キャンプ用品選びはソロツーリングの時は必要最低限のものでまとめ、仲間と行く時には分担して持って行けば荷物は少なく出来ます。
あれもこれもと用意するのではなく、本当に必要な物だけを選びましょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます