日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

暑気払いの期間はいつからいつまで?

暑気払いという言葉を知っていますか? 会社勤めなら、知っていないと恥を掻いてしまうかも知れません。是非意味や時期を押さえておきましょう。

暑気払いとは

暑気払いの本来の意味は、夏の暑さを乗り切るために、冷たい食品や身体を冷やす効果のある食品・漢方薬などで、身体に溜まった熱を追い払おうとすることです。暑さを打ち払うから暑気払いと言うんですね。
そのために摂られるのは必ずしも冷たいものとは限らず、薬湯や、みりんに焼酎を加えた本直し、びわや桃の葉を煎じたものなどが飲まれていました。また、行水や川遊びなども行われていたようです。
その後、時代の変遷とともに、単に暑さやストレスを発散するための飲み会・宴会を指すことが多くなりました。東北地方ではカキ氷やそうめんを食べることを暑気払いと呼ぶこともあるようです。

一般的な時期

一般的に、梅雨の頃から8月上旬までが暑気払いの時期となっているようです。はっきりと決まりがある訳ではないので、それ以降でも暑気払いという名目を使えない訳ではありません。厳しい暑さを打ち払おうという名目の飲み会ならば、暑気払いと銘打ってもいいのではないでしょうか。最近は晩夏の暑気払いを残暑払いということもあるようです。

暑気払いにおすすめ

旬の食べ物は身体に良いといいますよね。夏野菜や南国の果物、麦は身体を冷やしてくれる効果があるといいます。麦といえば、冷麦、そうめん、そしてビール。飲み会でビールを飲むのは、本来の暑気払いの意味にも適っているという訳ですね。
ですが、あまりに冷たいものばかり摂りすぎて身体を冷やしすぎても良くありません。温かいものとバランスよく摂取しましょう。

夏の暑さを打ち払う暑気払い。楽しい飲み会の冷たいビールで、かっかとした熱を追い払い、クールに夏を乗り切りましょう!

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます