日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

送迎会 幹事 の仕事の流れ

会社でお世話になった先輩方を送り出すのが、送迎会です。
その幹事になった場合、どのような手順で送迎会を開催すれば良いのでしょうか?

ここでは、送迎会の幹事の仕事の流れについてカンタンにご紹介します。
是非参考にしてみてください!

参加人数を把握する

まず初めにすることは、参加人数を把握することです。
ここで陥りがちなミスは、数人単位まで正確に把握しようとすること。

会社や部署の規模にもよりますが、正確に把握する必要はありません。
というのも、お店を決める時に1人単位でかんがえてしまうとあとで面倒なことになるからです。

仕事や家庭の事情などにより当日キャンセルやドタ参なども十分に考えられるので、大体15人くらい、20人くらいのようにおおまかに把握しておけば大丈夫です。

お店を決める

大体の人数を決めたら、お店を決めましょう。
送迎会は宴会と同じようなものなので、少しわいわいできるような場所がいいかもしれません。

この時に気をつけたいのが、お店側に大体の人数を伝えた上で、正確な人数はいつ決定するのかということを伝えることです。
お店側に迷惑をかけてしまう可能性もありえるので、参加の有無の〆切りを決定し、把握次第連絡するようにしましょう。

参加のリマインドをする

送迎会の前日になったら、必ず全員にメールなどでリマインドを送りましょう。
もしかしたら忘れている人もいるかもしれないので、この連絡はとても重要になります。

幹事をやってみると、意外にも大変なことに気づきます。
細かいことですが、ぜひ頑張ってみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます