日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

送迎会の挨拶 順番について

送迎会の季節かやってきました。楽しい催しですが、気をつけなければならないのが「挨拶の順番」。
乾杯の挨拶や締めの挨拶、送られる人迎えられる人など、その順番をしっかり決めておかないと後から揉めることになりかねません。

乾杯の挨拶

乾杯の挨拶は、重要度も一番高いものだと認識しておくのが良いでしょう。
なので、この挨拶は送別会に参加している人の中で最も役職の高い人に依頼するのがベストです。ただし送られる人がそうである場合は除きます。
最高役職の人が送られる人とそれほど接点がない人だった場合、音頭については直属の上司に依頼する場合も多いようです。いずれにせよ、最初の挨拶は肝心なのでよく考えて選ぶ必要があります。

歓迎別れの挨拶

送迎会では、歓迎とお別れの挨拶というものが行なわれます。この挨拶については、できるだけ送られる人と関わりが深かった人に依頼するようにすると良いでしょう。音頭を取った人になることも多いかと思いますが、重複しても特に気にする必要はありません。
役職にこだわる必要はなく、上司でも同期でも構いません。ともかく、その人にとって一番関わりが強かった人を選ぶのが肝心です。

歓迎される方の挨拶

基本的には歓迎される方の挨拶が先となります。複数人いる場合は役職順に行います。

送別される方の挨拶

歓迎される方の挨拶と同様に、復数人いる場合には役職降順で挨拶をしてもらうようにしましょう。

仮に、送別される方と歓迎される方の直属上司が異なる場合は、

上司の挨拶→歓迎される方の挨拶→上司の挨拶→送別される方の
挨拶と分けることも可能です。

閉会の挨拶

こちらの挨拶は、会の中で2番目に上の役職の人に依頼するのが良いでしょう。

これで、送別会のひと通りの流れというのは終わりとなります。挨拶をして貰う人には事前に話を通しておいて、滞り無く行えるようにしましょう。

まとめ

こうでなければならなという定型があるわけではありませんので、臨機応変に対応することが必要です。
しっかりと準備をして皆が楽しめる会にしたいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます