日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

バスケ用語を学ぼう!ドリブルについて

バスケのドリブル、ボールの移動手段としてパスとともに常に使います。
バスケには、なくてはならない動きですね。
今回はバスケのドリブルについてまとめていきます。

ドリブルとは

バスケでは、ボールを手に持ったまま規定歩数歩いたり、走ったりしてはいけないルールがあります。
そのため、ボールを運ぶ手段としてドリブルがあります。
進む方向の地面に、ボールを叩きつけて連続的に跳ねさせプレーヤーとボールとが一緒に移動する方法です。

ドリブルが上達するには

ドリブルは、時にはチャンスを与えますが間違った使い方ではピンチを招くことにもつながります。
誰もがドリブル技術の向上に努めていることでしょう。
よいドリブルの為にはハンドリング力は絶対に必要です。
そして基本姿勢です。
顔をあげて広い視野を保ちながら、ボールは強くつきましょう。
上半身を曲げるのではなく、つま先をやや開き腰を落としましょう。
なるべく低い姿勢で、早く強くつくことによって相手を抜きやすくなります。
また、ドリブルには多くのバリエーションがあります。
いろんな技に挑戦して身につけていきましょう。

ドリブルが上手くなると

相手を簡単に抜くことが出来るので、よりゴールの近くからシュートを打つことができます。
そして、前を向いて広い視野を保つことが出来るのでパスも上達しミスも少なくなります。
余裕がうまれることにより、相手のプレッシャーにも動じなくなります。
冷静な判断が出来るようになりますね。

まとめ

ドリブル、ハンドリングの練習ともに楽しんで行いましょう。
楽しみつつ、真剣に!
高さや左右に変化をつけながら、あらゆるドリブルのテクニックを身につけて下さい。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます