日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【ダーツゲーム】カウントアップのルール

ダーツゲームの中でも一番シンプルであり、ダーツを覚える為にも初心者にお勧めなゲームがカウントアップです。自分の腕前がそのまま現れてくるので、現在の自分の実力を測る為にも適しています。カウントアップの点数が上がれば、自分の腕前も上がっていることでしょう。

共通ルール

カウントアップに限らず、ほぼ全てのゲームに共通するルールを先に覚えておきましょう。
一つ目に、ダーツは1ラウンドにつき3本投げ、それがワンスローになります。二つ目に、ボードから244cm離れたスローイングラインより後方からダーツを投げます。三つ目が、ダーツがボードン刺さらず、ミスショットになった場合も1投になります。
基本的なルールとして、この三つを覚えておくと良いでしょう。

カウントアップ

カウントアップは持ち点が0点からスタートします。自分と相手とが順番にワンスロー(3投)していき、合計点を持ち点に加えていきます。最終的に8ラウンド(24投)して出た合計点を競うゲームです。単純に点数が加算されるだけなので、最も単純で覚えやすく、初心者でも気軽に行えるゲームと言えるでしょう。また、自分が狙う点数が重要になってきますので、ボードの見方を覚える為にもお勧めです。

カウントアップのポイント

初心者向けのポイントとしてよく言われているのが、19-7-16エリア狙いです。ボードには高い数字と低い数字が交互にナンバリングされているのですが、ボード左下になるこの部分は平均点が高くなります。中級者は、ボード中心のブルやトリプルリングを積極的に狙っていきましょう。3投とも20のトリプルに入れると180点となり、8ラウンド合計にすると1440点とカウントアップでの最高得点になります。背の低い人ならば、目線の高さで狙える19のトリプルもお勧めします。
今出せたスコアの+100点等の点数的な目標や、ブルを狙い入れるといった目標を持ち、カウントアップの目標を徐々に高くしていき、挑戦してみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます