日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

ツーリング タープの用途いろいろ

ツーリングでキャンプをされる方は、あまりタープを使わない傾向があります。
連泊せずに、すぐに別の場所に移動する場合が多いですので、タープの設営時間を考えると面倒と考えられる方が多いのが理由でしょう。
しかし、タープはいろいろな利用方法がありますので、持っておいて損はありません。

タープでバイクを雨から守る

バイクを大切に使われている方は、バイクが濡れるのは嫌なものですが、タープがあれば雨が降ってもバイクを濡らしません。
タープはテントの上に張るだけではなく、簡易ガレージとしても利用できます。

テントを雨から守る

テントは万能ではありません。
雨の日に水が流れてきたらテント内部を濡らしてしまう事は結構あるのですが、タープがあれば広い面積を雨から守り、水の侵入を防いでくれます。
雨の日にタープが無くて眠れないという最悪の事態を避けられますね。

キャンプの時間は寝ているだけではない

キャンプをしている時間は、テントの中で横になっている時間の他に、食事をしたりツーリングコースを選んだりと色々なことをします。
その時間を狭いテントの中で過ごすより、外でコーヒーでも飲みながらゆっくりと自然を満喫して過ごしたいものです。
そんな時間を快適にしてくれるのがタープと考えると外せないアイテムですね。

まとめ

タープは無ければ無くても良いもので、実際に使われない方も多くいらっしゃいますが、あればその分快適になるというのも事実です。
キャンプ中の快適さを追求するのであれば用意しても損は無いでしょう。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます