日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

釣り堀に行ってみよう【東京編】

都内で手軽に釣りを楽しもうと思ったら、としまえんフィッシングエリアがおすすめです。え?としまえんにはプールしかないだろうって?いえいえ、ウインターシーズンは釣り堀としてオープンするんです!今日は体験談を交えてご紹介します。
としまえんフィッシングエリア:http://www.t-fishingarea.com/fish/

何が釣れるの?

ニジマスやヤマメ、イワナなど、食べておいしいマスの仲間がたくさん放流されています。釣った魚は受付の側でさばくことができます。また、その場で食べられるようコンロも用意されています。私はよく家族と行くのですが、いつもその場でさばいてしまって、内臓や鱗を捨ててしまいます。さらに塩をすり込んでビニール袋に入れて持って帰ります。家に帰ったらすぐ塩焼きです。きれいな水で養殖された魚たちなので、とてもおいしいですよ!

道具を持っていないけれど…

レンタルが完備されています。1時間単位で借りれるので、ちょっと楽しむのにはもってこいです。合わせてスケートもいかがですか?
としまえんHP(スケート情報):http://www.toshimaen.co.jp/

餌をつけられないのですが

餌はイカの切り身です。ミミズじゃないので怖くないですよ(笑い)。また、餌を使わないルアー釣りもお勧めです。

釣れないと退屈しそう…

初めての人には、失敗の少ない餌釣りをお勧めします。周りで釣れた人がいたら、その人の釣り方のまねをすれば、手ぶらで帰ることはないです。また、たくさん釣りたい人には、魚が腹を空かせている朝、開園直後に行くのがおすすめです。

交通手段は?

池袋駅から西武池袋線で豊島園駅まで。また、都営大江戸線で光が丘方面豊島園駅まで。駅からとしまえん入口のわきにフィッシングエリア入口があります。

持っていくと便利なグッズ

魚臭さが気になる人は、薬用石鹸などしっかり洗える石鹸があると便利です。アルコール性のお手拭でもいいですね。魚を持って帰りたい人は、保冷バッグなどの容器が必要です。また、折り畳み椅子があると疲れません。

おわりに

いかがでしたか?なかなか釣れないときは、係の人にアドバイスを貰いましょう。一匹釣れたら、楽しさとおいしさに、きっとやみつきになりますよ。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます