日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカーの練習メニュー【ゴールキーパー編】

サッカーにはFW、MF、GKと様々なポジションがあります。
練習方法はポジション毎に異なっており、その中でもゴールキーパーは唯一手を使えるポジションの為に特殊な練習方法となります。
今回はゴールキーパーの練習方法について紹介したいと思います。

ゴールキーパーの基本となるキャッチング

ゴールキーパーは唯一手を使えるという事で、基本はキャッチングと呼ばれる練習方法となります。
ボールを投げて貰い、しっかりとキャッチする練習となります。
様々な場面を想定して、膝立ち状態、立っている状態で練習をする事が必要となります。
ポイントはしっかりとボールを見て、身体の前方でボールを捉え、挟まず掴む事となります。

チャンスを演出するパントキック

ゴールキーパーがボールをキャッチした後に行なうのがパントキックです。
前方に大きくボールを蹴りだすことですが、闇雲に蹴るのではなく、しっかりと狙ったところ蹴る事が必要となります。
練習方法としてはターゲットを設定し、そこにしっかりと蹴って狙えるようにします。
短い距離から始めて、徐々に距離を長くする事がポイントとなります。

実践形式で練習する

ゴールキーパーは技術的な練習だけでなく、チームの司令塔的な役割を学ぶ必要があります。
試合では常に最後方で他の選手達の動きを確認し、指示を出さなければいけません。
また、ゴール前で飛び出す判断は実践形式の練習で経験を積む必要があります。

まとめ

フィールドプレイヤーと比べてゴールキーパーは練習方法が大きく異なります。
テクニックはもちろんですが、チーム全体を指示する能力や最後の砦として的確な判断が求められます。
常に失点をしない事を念頭に置き、冷静にプレイする為に日頃から練習をする事が大切となります。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます