日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

サッカー 「骨盤パニック」って何!?できるの?

サッカーには様々なテクニックが存在します。
特にドリブルテクニックは基本的なテクニックから難易度がとても高いテクニックまで数多くあります。
有名なテクニックとしてはエラシコやマルセイユルーレットなどがありますが、今回は骨盤パニックについて紹介したいと思います。

骨盤パニックとは

骨盤パニックというテクニックを知っている人は少ないと思います。
名前だけを聞くとテクニックでは無く、怪我の類と想像する人が多いと思います。
では骨盤パニックは何かというと、ディフェンダーの骨盤を左右に回すようにドリブルコースを変えるテクニックとなります。

骨盤パニックの方法

骨盤パニックはどういう場面で使えるのかというと、ディフェンダーに正面から突進する時に使えるテクニックとなります。
例えば、右前にボール2個分を押し出し、その後逆に切り返して一気にドリブルで抜き去ります。
最初の押し出しでディフェンダーを崩す事が最大のポイントとなります。
正面から突進してくる選手が急にボールを違う方向に押し出すと、ディフェンダーは体の向きを変えざる得ません。
その後切り返され、一気にトップスピードのドリブルをされるともう付いて行くことはほぼ出来ません。

まとめ

骨盤パニックはシンプルですが、とても難しいテクニックの一つとなります。
最初の押し出しの角度が鋭角過ぎると、自分がその後の切り返しにもたついてしまいます。
また、切り返し後のドリブルタイミングとスピードが悪ければ抜き去る事が難しくなります。
何度も反復練習を行い、体にテクニックを染み込ませる事が重要となります。

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます