日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

フットサルはパス回しが基本?

フットサルはコートが狭いこともあり、なかなかドリブルして突破するのは難しいスポーツです。ですので基本的にはパスを回して相手を揺さぶって切り崩していく戦略を取ります。今回はその基本のパス回しについてご紹介します。

パスを出して終わりではない

パス回しというとフリーの選手を見つけて、その選手にパスを出して終わりと思ってしまいますがそうではありません。フットサルはピッチにいる人数が少ないので、自分がパスをもらえる位置に動く必要があります。

パスを出した後の動き

ではパスを出した後にどこに動けばよいのでしょうか。パスを受けた人の横や少し後ろのポジションに行くのが一つです。ただこの場合、どんどん下がっていってしまってはチャンスが作れませんし、逆にピンチにも繋がってしまいます。横にパスを出したのであれば、その人より前の位置に移動してパスを受けられる状態にするのが良いでしょう。

パスをもらわない時の動き

パスのやりとりに関係ないからといってぼーっと立っていてはいけません。パスを出した人が前線に上がっていったのと連動して最終ラインの位置まで下がっていって横でボールを受けられるような体勢を作る必要があります。

まとめ

今回ご紹介したパス回しとそれに連動した動きがフットサルでは基本となってきます。ぐるぐると動きまわるのに慣れるまではとても難しいと思ってしまいますが、次第に体が自然と反応してくるようになりますので、意識して練習してみてください。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます