日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

社員旅行の幹事を任された!あると便利な持ち物は?

多ければ何十人もの先輩、後輩の引率が必要になる幹事さん。
計画の方はばっちりですか?ばっちりだからこそプラスアルファで「あると便利な持ち物」を探しているのですよね。
基本セットのおさらいも兼ねてまとめてみましょう。

基本セット

・日程表
・見学場所の連絡先
・周辺の観光ガイドブック
などスケジュールや行き先の確認ができるのもは必ず肌身は出さず持っていましょう。

・参加者の緊急連絡先
・酔い止めの薬
・応急処置セット等
など、参加者の体調などに変化があった場合に対処できるものも、幹事さんが持っていると良いでしょう。

筆記用具

忘れがちなのは筆記用具です。
ポケットに収まるような小さなノートとボールペンで充分です。
海外は行くなら筆談にも使えますし、旅行後に社内誌などに記事を書く予定などがあれば旅の様子をメモっておくのも大事でしょう。

ウコン

経費でここまで用意できるようでしたら、是非。
宴会などでは最初はそのつもりは無くても旅先です。結果思った以上飲んでしまうものです。
次の日にお酒が残らぬよう、宴会の最後に配りましょう。

デジカメ

各々、参加者さんが持参するでしょうし、今はスマホで撮る時代ですから、案外リストに上がらないデジカメですがそんなことはありませんよ。
旅先が日差しの強い地域であればスマホでは逆行になってしまうようなシーンでもデジカメならその日差しでとっても綺麗な写真が撮れます。
宴会などでは料理に夢中になり撮るのを忘れている方もいるでしょうから、やはり幹事さんはデジカメを用意し、後日社内で「こんなところも撮ってたの~?」と思い出話しでもできるようにしておきましょう。

2~3段の脚立

集合写真などを撮るのでしたら、あると便利です。
スカートの女性社員もいるでしょうからもしも下からのアングルで撮り下着などが意図せず写り込んでしまったとしたら後日配布こることもできなくなります。
日差しをフラッシュ代わりにもできますし、脚立を使いましょう。

まとめ

忘れ物はありませんか?
幹事さんの力量で旅行が決まるといっても過言ではありません。
とはいえ、幹事さん自身も楽しめる旅行でなければなりませんよ~♪
楽しい社員旅行になりますように!

 

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます