日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

送別会のカラオケ 上司の見せ場を作るコツ

送別会は会社の宴会の一つですね。だいたいどのような流れで、誰が登場するかなど決まっていると思います。

その中でもやはり日本は縦社会。

上司をたてる意味でも、カラオケなどで見せ場をうまく作るのもスマートな方法ではないでしょうか?

選曲

余興などで、カラオケは定番になっています。

上司、特に年上の方には余興といってもダンスを踊ってもらう、手品を披露する、など個人の特技を持っている方は少ないはず。そんな個人芸を持っていない大半の方はカラオケにするのが一般的です。

そこで、選曲ですが得意の曲や、昔流行った懐メロなどを選曲するでしょう。ですので、その前後に歌う方は今はやりの若い人が歌う曲を選曲してかぶらないように配慮しましょう。渋い歌を歌う時は、その前に明るい曲、にぎやかな曲を持ってくると、イントロがかかった瞬間に場のムードがガラッと変わります。それを狙いましょう。

演出

カラオケの演出はハモり。上司の歌を引き立てるなら、サブメロディーをしっかり練習してハモるのも素敵です。

ですがお互い合わせるとどちらかに影響されて音程がずれることもあるので、ある程度歌唱力のある方向けの引き立て方です。

次に盛り上げるのはバックダンサーです。後ろで踊るので、歌詞に合わせた振り付けや動きを何人かで練習しておきましょう。
たぶんEXILEはないと思うので安心してください。場が送迎会なのでコブクロあたりを持ってくる方が多いです。時期的に桜の小物を散らしたり、スポットライトを当てるだけでもずいぶん雰囲気が変わります。

まとめ

ちょっとした演出でも、上司はカラオケが得意でなくても注目してもらえるので喜んでくれると思います。

ただし派手な演出や、裏方が目立ってしまわないように節度を持って盛り上げましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます