日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

忘年会の幹事を頼まれた!僕、新人なんですけど…

新人社員が忘年会の幹事を任されることはよくあることですが、はじめての幹事だと何をしていいものか困ってしまいますよね。
今回はそ、忘年会の準備から当日の行動までを簡単にまとめましたので参考にしてください。

準備

まずは、以前忘年会の幹事をしたことのある人に話を聞き、どのようなものなのかを把握することが大切です。
会社によってしきたりが異なったり、お店選びにも会費の額にも違いがありますので、情報収集は必ず行うようにしましょう。
次に、参加者リストを作成するために、回覧板のようなもので全員の参加の有無を確認しましょう。
その際、忘年会の候補日を複数用意して、なるべく多くの人が参加できる日を設定するようにしましょう。
また、直前になると予約の取れなくなる可能性もあるので、早めに日程を決定し、会場の予約をします。
会場は事前にいくつか候補を決めておき、人数や予算に応じて決定しましょう。
予約の際には「日時」「参加人数」「料理とドリンクのコース名」「一人当たりと合計の料金」「予約変更の締切日」「キャンセル料金」「店側の担当者の名前」は書き出して確認しておくようにしましょう。
最後に、参加者に最終出欠確認をし、全員に会場と予算、料理内容などを書いた案内状を送ります。
乾杯などの挨拶もこのとき一緒にお願いしておきましょう。

当日の行動

忘年会の幹事として、当日は黒子に徹するようにしましょう。
参加者全員が忘年会を楽しめるように、空いたグラスや皿の片づけから、孤立している人への声かけなど、できる限りのことをしましょう。
また、場が盛り下がってきたときには、派手な相槌や大きなリアクションなどで雰囲気を変えるように心がけましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます