日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

【ゴルフ】ルールの前にマナーも学ぼう!

ゴルフではレフェリーがほとんど居ないため、プレーヤー一人ひとりのルールを守ろうとする心がけこそが重要なものとなります。今回はゴルフを楽しくプレーするための基本的なマナーをご紹介します。

服装に関するマナーとは

「紳士のスポーツ」と呼ばれるゴルフは、服装に関しても最低限のマナーというものがあります。
具体的には、襟付きの服を着用することが基本となり、ジーパンやTシャツ、短パンやサンダルなどは不可となります。シャツも裾をズボンの中に入れることや、靴も専用シューズを履くことが必要となります。
コースによってはドレスコードを設けている場合もあるので、事前に確認を取ることをおすすめします。何にしても紳士淑女であることがゴルフには求められているのです。

ファストプレーを心がけよう

ゴルフ場は自分たちだけではなく、他の組の人たちもラウンドしているということを意識することが大切です。
ゴルフ場は2時間~2時間15分ほどでラウンドすることができるように設計されているため、それ以上かけてしまう場合は後からくる組の方への迷惑にもなってしまうのです。
実際のプレーはもちろんのこと、移動などに関しても早め早めに動けるようにしておきましょう。

他の人の邪魔にならないようにしよう

ファストプレーにも関わりますが、他のプレーヤーの集中力を落とす行為をしてはいけません。
大声を出すことや、他の人がアドレスに入っているときに素振りを行うこと、前の組が近くにまだいるのに打ち込むことなど、他の人への邪魔となることは控えましょう。
また芝生を傷つけてそのままにすることや、ハザードに入っても砂を直さないことなどはマナー的に良くありません。

実践することが一番のマナー

ゴルフの競技としての基本ルールは大切ですが、それ以上にマナーを守ることが楽しくプレーするためには必要なことといえます。知っているだけでなく実践することこそが一番のマナーとなるため、率先してマナーを守るようにしてみましょう。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます