日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

門司港は意外な物の発祥の地?カウントダウンに出かけて調べてみよう

大晦日のカウントダウンイベントをどこに出かけようか悩んではいないでしょうか?それなら門司港レトロカウントダウンがおすすめです。いろんなイベントが開催をされていて誰が行っても楽しむことが出来ますよ!

門司港レトロカウントダウン

門司港では毎年12月31日にカウントダウンイベントが開催されます。花火、バナナの叩き売り、ライブなど様々な楽しいイベントが開催されます。なかでも海に近いこともあり、0時になった瞬間に港の船がそろって警笛を鳴らすのは迫力もあり圧巻です。同時に花火もあがるのでカップルでも楽しめるイベントです。

バナナの叩き売り発祥の地

カウントダウンイベントではバナナの叩き売りの実演販売があるのですが、これは大正時代に門司で生まれました。関西方面に運ぶはずのバナナの少し悪くなったものを門司港周辺で売り始めたのが始まりとされています。それが全国に広がりバナナの叩き売りとして有名になりました。

屋台には焼きカレーも

門司ではもうひとつ有名なものがあります。それが焼きカレーです。実は昭和30年代にはすでに門司には焼きカレーが存在していました。2007年ごろに門司港焼きカレー倶楽部が設立されたことによりテレビなどで取り上げられ、それが全国に広がりました。カウントダウンイベントでは野外でおいしい焼きカレーが販売されているので楽しみにしておいてください。

良い所が満載のイベント

普段から門司港は雰囲気があり旅行者には人気です。カウントダウンイベントは門司港の良い所が凝縮された感じなので、ぜひとも門司港レトロカウントダウンに出かけてみて下さい。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます