日程調整サービス『調整さん』が運営する新しいメディア

カラオケ定番卒業式ソング【3月9日】

レミオロメンの名曲【3月9日】は言わずと知れた卒業ソングです。2004年のリリース以来、10年以上にわたり若者の卒業を彩ってきたこの名曲について調べてみました。

曲名【3月9日】の由来は?

実はこの3月9日という曲は、卒業ソングではありません。レミオロメンの3人の共通した友人の結婚をお祝いする歌でした。結婚式が2001年3月9日に開催されたから曲名も日にちに合わせたようです。ちなみに、PVに高校の卒業式の映像が流れますが、この卒業生役はあの堀北真希さんです。

【3月9日】から伝わるメッセージ

曲中の「私」は「あなた」にたくさんの力をもらった、だからあなたに私も力をあげたい、という内容の曲です。結婚式ソングと考えると納得の内容です。しかし、広い意味で捉えると卒業するあなたの将来を祈って歌う曲としても十分に当てはまる曲になるでしょう。クールに大好きなあの子に歌いたいですね。

【3月9日】はカラオケの人気曲

パセラのカラオケランキングを調べると、【3月9日】が一番歌われている月は、やはり「3月」です。総合ランキングでもベスト10圏内に入ります。3月から離れるごとにランキングが低くなりますが、ベスト100圏内には残ります。それだけに根強いファンがたくさん居る曲とも言えます。

藤巻亮太さんのような甘い声を

レミオロメンといえば、「粉雪」や「太陽の下」等の名曲から分かるように、藤巻さんの甘い歌声が魅力的なユニットです。カラオケでこの歌声を再現できる方は相当な実力者です!歌声に優しさと力強さを両立させ、【3月9日】も歌いこなせるといいですね。

この記事を読んだ方はこんな記事も読んでいます